民俗文化財

あやこおどり綾子踊

  • 写真01:行列の様子1

    行列の様子1

  • 写真02:行列の様子2

    行列の様子2

  • 写真03:陣地取り

    陣地取り

  • 写真04

  • 写真05

  • 写真06

  • 写真01:行列の様子1
  • 写真02:行列の様子2
  • 写真03:陣地取り
  • 写真04
  • 写真05
  • 写真06
区分 民俗文化財 時代
指定内容・指定日 重要無形民俗文化財・西暦1976.05.04
所有者 佐文綾子踊保存会 所在地 香川県仲多度郡まんのう町佐文

綾子踊は、弘法大師が佐文村(さぶみむら)に立ち寄り綾という女性に踊りを教え、踊ったところ、雨が降ったことが始まりとされます。踊りは2年に1度、加茂神社で行われ、歌は中世〜近世初期にかけて流行していたもので、12段あります。
古くは、朝日山山頂の竜王祠(りゅうおうし)前でも奉納されていましたが、現在は加茂神社でのみ奉納されています。
境内での奉納前には、境内外側を練り歩く行列から始まり、境内へ入ります。その後、長刀(なぎなた)と棒持(ぼうもち)による場の清めと陣地とりが行われ、次に芸司(げいじ)の口上が始まります。口上は祈雨(きう)と感謝が述べられていましたが、現在は水不足に陥ることが少なくなったので、水への感謝が主な内容となっています。そして踊りが始まります。踊りの陣形は、歌い手が本殿前に、その前面に子供の踊り手、さらにその後ろに隊列を組んだ大団扇(おおうちわ)をもつ者と鉦(かね)、太鼓打ち等がおり、歌に合わせてゆらゆらと踊ります。派手な動きはないものの、色鮮やかな衣裳とゆったりとした動きが特徴的で、近世初期の歌舞伎の踊歌の特徴を残しています。