民俗文化財

たきのみやのねんぶつおどり滝宮の念仏踊

  • 写真01:下知による踊り

    下知による踊り

  • 写真02:行列の様子

    行列の様子

  • 写真03:棒突

    棒突

  • 写真04:奴

  • 写真05:大傘

    大傘

  • 写真06:長刀

    長刀

  • 写真07:法螺貝

    法螺貝

  • 写真08:下知による踊り

    下知による踊り

  • 写真09:下知による踊り

    下知による踊り

  • 写真10:滝宮神社での宮めぐり

    滝宮神社での宮めぐり

  • 写真01:下知による踊り
  • 写真02:行列の様子
  • 写真03:棒突
  • 写真04:奴
  • 写真05:大傘
  • 写真06:長刀
  • 写真07:法螺貝
  • 写真08:下知による踊り
  • 写真09:下知による踊り
  • 写真10:滝宮神社での宮めぐり
区分 民俗文化財 時代
指定内容・指定日 重要無形民俗文化財・西暦1977.05.17
所有者 滝宮念仏踊保存会 所在地 香川県綾歌郡綾川町

滝宮の念仏踊は、滝宮神社と滝宮天満宮で降雨を祈願して行われる雨乞い踊りです。伝承では平安時代に讃岐国府の国司であった菅原道真が雨乞いをした故事にならい、踊られたのが始まりとされます。
踊りが始まる前には奴行列があり、棒突(ぼうつき)、大傘(おおがさ)、長刀、法螺貝(ほらがい)などと踊り組が行列を組んで神社へと入ります。踊り組は各集落単位で構成され計11組あり、毎年3組が順番に踊りを奉納します。そして5年目には全組が集まり踊る、総踊りが行われます。
踊りは、境内に竹を円形に立て並べ、御幣がついた縄が結わえられた中で、大きな団扇を持つ下知(げんじ)と呼ばれる踊り手と、中鉦(なかがね)と太鼓打ちを中心にして、それらの音頭をとる願成就(がんじょなり)や外鉦(そとがね)・笛・法螺貝が取り囲みます。組によって踊りは少し異なりますが、下知が大団扇を斜めに振り、円弧を描きながら飛び跳ねたり、足を折り伏したりするなどし、後半には、下知と中鉦・太鼓打ちが隊列を組んで入れ替わるなど、多様な動きが組み込まれた躍動感あふれる踊りです。