四国遍路

ねごろじ第八十二番札所  根香寺

  • 写真01:本堂

    本堂

  • 写真02:仁王門

    仁王門

  • 写真03

  • 写真04

  • 写真05

  • 写真06

  • 写真07:大師堂

    大師堂

  • 写真08:鐘楼

    鐘楼

  • 写真09

  • 写真10

  • 写真01:本堂
  • 写真02:仁王門
  • 写真03
  • 写真04
  • 写真05
  • 写真06
  • 写真07:大師堂
  • 写真08:鐘楼
  • 写真09
  • 写真10
区分 四国遍路 時代
指定内容・指定日
所有者 根香寺 所在地 香川県高松市中山町1506

五色台の東端、青峰山(あおみねやま)の中腹に四国八十八ヶ所霊場第八十二番札所根香寺があります。
弘法大師空海が五色台を訪れたのは今から約1,200年前で、五色台の五つの山々に金剛界曼荼羅の五智如来を感じ、五つの山にそれぞれ「黄峰(きみね)」、「青峰(あおみね)」、「赤峰(あかみね)」、「白峰(しろみね)」、「黒峰(くろみね)」と名付け、その主となる「青峰」に建物を建て、五智如来の各明王を祀り、生命のあるものすべてを苦悩から救うことを祈り建物を建てたのが始まりと言われている。その後、智証大師円珍(ちしょうだいしえんちん)がこの寺に来て、市之瀬明神のお告げを聞き、蓮華谷(れんげだに)の霊木で、本尊千手観音菩薩を作り、安置したと言われています。昔、青峰山には人間を食べる恐ろしい牛鬼(うしおに)が住んでいたと言われており、弓の名人が退治し、角をこの寺に奉納したと言われています。
門の前には、この牛鬼の銅像が作られています。
参道や境内は青葉が映える新緑のころ、またもみじが赤や黄色に色づく頃は、遍路とともに、多数の参拝者が訪れています。